長椅子と本棚2

ダイアリーから移行しました。

なぜ音楽は魔法ではないのか、あるいは大森靖子さんへの愛してる.com

大森靖子さん。去年の1月ごろ、なんとなく新しい音楽が聞いてみたいと思って、ネットで紹介記事を見て、そのまま2日ぐらいぶっ通しで動画漁りまくって再生しまくって気づいたらすごいファンになっていたのでした。誰それ初めて聞いたって人はとりあえずYou…

「沼」というネットスラングの歴史

昨年辺りから、「沼」というネットスラングが大流行していますね。たとえば昨年12月に投稿され、3万を超えるRTを獲得している以下のツイート。オタクが沼にハマるパターンっていくつかあるけど、よく見るのはこんな感じです。 pic.twitter.com/KTaGUZd4a8— …

武内Pの失敗に学ぶ、経営と教育の心理学

武内Pのテンション管理 アイドルマスターシンデレラガールズが快進撃を続けています。1~3話の爽快感、4話での工夫の凝らされたキャラクター紹介、そして5話、6話と徐々に現れる綻び。前川みく、本田未央、そしてプロデューサーそれぞれの行動が議論を…

「輝きの向こう側」は希望ではない――問題作としての劇場版アイドルマスター

ちょっと乗り遅れ気味ですが、先週プチ炎上があったようで。 俺は何故こんなにも劇場版アイマスが嫌いなのか:はっぱのブロマガ - ブロマガ 自分が「輝きの向こう側」を見られなかった事実がとても悔しかった:はっぱのブロマガ - ブロマガ やたらと批判されて…

サイゾーウーマン「金原ひとみが「消えかけている」!?」は妄想

大好きな金原ひとみがホッテントリしていたので思わず筆を執る。元記事はあまりにもクソなんで、ブクマの方先に貼っときますね。 はてなブックマーク - 金原ひとみが「消えかけている」!? 芥川賞受賞の人気作家が没落した理由|サイゾーウーマン 元記事はこ…

劇場版「アイドルマスター」感想:「輝きの向こう側へ」という副題の重みについて

「アイマス」の映画、見てきました。合計2回。1回目を見た時には全然感想がまとまらなかったのですが、2回目で見えてきたことがいろいろあったので、書いてみます。なお、ネタバレですので一応「続きを読む」に入れておきます。

マズローのesteemは「承認」か「自尊心」か?

前回の記事を多くの方にお読みいただきありがとうございました。そのおかげか、記事の中で言及していたシロクマさん(id:p_shirokuma)の目に触れ、ありがたいことに、いくつかの点に反論いただきました。 「承認欲求」をめぐる混乱はなぜ生じたのか?:「承…

「承認欲求」をめぐる混乱はなぜ生じたのか?:「承認」概念の三つの起源

「承認」の起源という問題 以前に、日本のインターネットでよく言及される「承認欲求」という言葉がかなり多義的に用いられているということを、実際の使用例を見ながら論じました。 ホッテントリで振り返る、「承認欲求」論の歴史(06~08年) - 長椅子と本…

引っ越しするとき参考にしたサイト10選

最近引っ越しを致しまして、そりゃあもう大変だったんですけれども。こういう慣れないことするときこそ頼りにしたいのがインターネットです。せっかくなので、参考になったサイトをまとめて共有しておきたいと思います。なんとなく分類して、一言コメントを…

ホッテントリで振り返る、「承認欲求」論の歴史(06~08年)

はじめに なぜ承認欲求と自己愛が問題になるのか? - デマこいてんじゃねえ! 読んでて、そもそもどういう「承認欲求」のことを言っているのかよくわからないし、それを夢とか自己愛とかとアクロバティックに繋げられてもなんとも言いがたい、というのが正直…

「新検索β」に見る、ニコニコ動画と図書館の未来

この夏、ニコニコ動画では、ひっそりと「新検索β」というサービスがスタートした。ニコニコインフォによれば、新検索βの機能は以下のものである。 新検索βは、今までの検索と違い、ほぼリアルタイムにコンテンツの情報が反映される検索システムです。 加えて…

「相方」呼びが気持ち悪いのは、パンチラがエロいのと同じ

ネット上で過去何度も議論になってきた、恋人を「相方」と表現することの是非について、先週も話題になった。 恋人や夫を「相方」と表現すること 増田の主張は、以下の三行に凝縮されている。 相方派の人はどちらかというと「彼氏」「旦那」など連呼すること…

体験と発想力を使い果たしたところからブロガーの戦いは始まる

ブログを始めるのは、書きたいことがあるからだ。だから、始めた頃は、いくらでも書くことがある。しかし、数ヶ月も書いていると、息切れしてくる。してきた*1。でも、書くことの楽しみは忘れられない。 そこで思い出したのが、村上龍が『海の向こうで戦争が…

あなたは「児童ポルノ禁止法」のどこに賛成/反対ですか?

児童ポルノ禁止法、どうなるのかわからない状態が続いておりますね。私は、こんなところにものを書いて遊んだりしている人間ですので、「表現者」なんて偉そうな肩書きは名乗りませんけれども、行方を不安をもって見守っている一人です。ということで、私は…

GARNET CROWとネオアコの微妙な関係

GARNET CROWが解散してしまいました。 GARNET CROW解散 受け継がれていく夢「楽曲は生きています」│Daily News│Billboard JAPAN 今回は、彼らの思い出を刻むべく、言葉を繋いでみたいと思います。 かなり長くなってしまったので、まず全体を予告しておきます…

「どん底からでも努力次第で再スタートできる」なんて嘘に決まってる

今週大量のブクマを集めた以下の二つの記事。 「何かをするには自分はあまりに遅すぎた。」と気づいてからが本当のスタート - teruyastarはかく語りき 「疑わない」という怠惰について - 24時間残念営業 気づいてる人は気づいてると思うのですが、この二つ…

GARNET CROWのライブにありがちなこと

ライブ開始時 ゆり「みなさーん、今日は私たちのライブへようこそおこしくださいました! 最後まで、楽しんでいってくださーい!(棒)」 ゆり「今日は久しぶりのライブということで楽しみにしていたんですけれども…」 MCコーナー1 ゆり「私達、GARNET CROW…

パートに正社員と同じ仕事をさせるのは悪か?

正社員に仕事を教えたくない こちら読みまして。ご本人の心中についてはもう、大変でしょう、お察しします、としか言えないのでありますが。それはそれとして、この話の辛さは、ある程度ちゃんと分析しておくほうが良いと思うのです。 というのは、このエピ…

ライブのセットリストくらいネタバレさせてほしい

昨日、GARNET CROWのラストライブ・東京公演に行って参りました。それについて書きたいこともたくさんあるのですが、とりあえずそれは措いといて。ライブの度に叫ばれることとして、「セットリストのネタバレ禁止」が挙げられます。しかし、これ、本当に禁止…

40個以上正方形を見つけるパズルの来歴

なんかTwitterで流行っているらしいこれ。 正方形を31個見つけたら人材、35個は天才、40個以上はアップル社の面接行ったほうがいいらしい(笑) URL2013-05-17 23:10:27 via Twitter for iPhone これが元ネタで確定!と言えるほどまでちゃんと調べ尽くしたわ…

「啓典宗教における神の絶対性について」はヤバい

啓典宗教における神の絶対性について とにかく致命的に粗いです。論理的な飛躍も随所に見られます。ちょっと勉強した大学1年生が作ったメモ、といったところだと思います。最初見たときツッコミ入れるまでもないだろと思ってスルーしたのですが、ブコメで称…

つまらない講義は聞かなくていい

以下のツイートを見ました(via まなめはうす)。 「授業」は、字の意味の通り業(ワザ)を授けることです。 授業をするということは、相手に知識を与えようという意識が必要になります。一方で「講義」は、知識を与えることを目的とはしていません。自分の…

人狼における恋人陣営の戦略とかオフレポとか

昨日、Twitterで昔から仲良くしている皆さんと一緒に、こちらの人狼会に参加して参りました。 5/5 セシオン杉並 GW人狼会-2013 開催のお知らせ - かこのじゅばく それで、オフレポというやつを書いてみたいのですが、普通の日記を面白おかしく書く技量はない…

人狼は嘘をつくゲームではない

「人狼は嘘をつき騙し合うゲーム」という嘘 このところ、人狼の注目度が上がっていると聞く。そのこと自体の是非はとりあえずどうでもよい。ただ、「嘘をついて人を騙すゲーム」として人狼が紹介されていることには、強い違和感がある。確かに、ゲームの中で…

起承転結という概念には中身がない

文章構造として「起承転結」がいいのかダメなのか、という論争がある。しかし、起承転結という概念は、そもそもそのような論争に値しない。なぜなら、論者に依って、「起承転結」という言葉に込めている意味がバラバラだからだ。 このことは、「起承転結」で…

「高槻さん…かわいい!」の3つのルーツ

如月千早は高槻やよいが好きだ、という二次設定がある。個人的に歌以外のことにうつつを抜かすパターンの二次設定はあんまり好みじゃないのだが(ただしBランク以上ならPの存在がでかくなってくるというのはありだが)、それはそれとして*1。この設定が出て…

やまもといちろう氏のイケダハヤト氏評に見るブログ論

やまもといちろう氏とイケダハヤト氏の対談の書き起こしを読んだんですけれども、これ完全にイケダさんをダシにやまもとさんがブログ論を語る会ですね。まあそれはそれとして、やまもとさんのブログ論から、イケハヤさん批判にとどまらないないスローガンを…

「できない人」にはやさしくしよう、あと世のお母さんはえらい

二つの「できない人」の話 今日たまたま、二つの「できない人」に関する話を目にした。 ひとつはこれだ。 正しすぎて辛い 繁忙期には、やってもやっても仕事が終わらない。早出残業したいから、子供の送り迎えを頼めない?と頼むと、どういう業務がどうして…

ロマンを語るときこそロジックは重要

昨日書いた記事に関連してもう一つ言いたいことが。なんがすっごい粘着してるみたいで感じ悪いなとは思うのですが、昨日言及した元記事の筆者のけんすうさんご本人が、記事へのブコメで「いろいろなコメントがありますが、このブログはロマンについて話して…

手段と目的を分けなければ幸福は語れない

今日のテーマはこの記事。 「目的があっての手段だ」なんて考え、つまらなくないですか? - nanapi社長日記 @kensuu これ、本人分かってやってるのかもしれないと思うのですが、明らかにおかしいですよね。それでもこんなにブクマが伸びているのは、(もちろ…