長椅子と本棚2

ダイアリーから移行しました。

肉じゃが的「つるぺた」と、カツカレー的「つるぺた」

前回の記事にいただいたコメントを眺めていて気づいたことだが、「つるぺた」というは現在、3つの意味で用いられている、と言えるように思う*1。 第一に、第二次性徴発言前の幼い少女の体型を指す、というもの。第二に、「貧乳」のことを指して「つるぺた」…

「つるぺた」の誤用はどこから一般化したか

誤用の象徴としての『琴浦さん』と千早 まずはこちらをご覧頂きたい。あとこれも。 さて、改めて指摘するまでもないことだが、「つるぺた」の原義を厳密に取れば、琴浦春香も如月千早も「つるぺた」ではない。Wikipediaもニコニコ大百科もこれを支持している…

まとめサイトの手法は、テレビのワイドショーと全く同じ

「インターネットがあればテレビはいらない」という意見を耳にするようになって、もう10年ほどは経つのではないだろうか。まだまだテレビは力を失っていないが、少なくともある程度のパイをインターネットに奪われていることは確実だろう。それでは、この変…

「魔女狩り」と自白強要:日本人にパプアニューギニアを嘲笑する資格はない

以前、パプアニューギニアの魔女狩りのニュースについて述べた(パプアニューギニアの魔女狩りと、ヨーロッパの魔女狩りの根本的な違い - 長椅子と本棚)。そこでは、パプアニューギニアの魔女狩りでは魔女が殺人罪のゆえに刑事犯として処刑されているのに対…

学会発表で恩恵を受けるのは誰?

以前書いた「学会での「発表させていただきます」は誤用、ではない」という記事に、id:saebouさんから頂いたコメントが気になったのでリプライします。 えっ…学術共同体って互酬に基づく贈与経済でやってるから、知識を与える人、つまり発表者が恩恵を施す側…

パプアニューギニアの魔女狩りと、ヨーロッパの魔女狩りの根本的な違い

先日、森島恒雄の名著『魔女狩り』(岩波新書)を読んだ。魔女狩り (岩波新書)作者: 森島恒雄出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1970/06/20メディア: 新書購入: 6人 クリック: 45回この商品を含むブログ (26件) を見る ところで、偶然この週末、パプアニュー…

人類はそろそろテレビがニュースに向いてないことに気づくべき

ここ10年来、夕方のニュースを中心に、ニュース番組のバラエティ化がとくに著しい(あれがバラエティだということに気づいてない人は、考えを改めた方が良い)。しかしこの変化は、テレビの堕落などではなく、テレビという媒体の特性を反映した変化だと思う…

Tumblrにおける「拡散」とTwitterにおける「拡散」の違い

前の記事(「拡散希望」はいつ頃から使われているのか? - 長椅子と本棚)で、「拡散する」は本来自動詞なのにTwitterなどでは他動詞として使われている、という話を書きましたが。この「拡散する」という言葉に着目すると、TumblrにおけるリブログとTwitter…

「拡散希望」はいつ頃から使われているのか?

今やTwitterの悪しき伝統となりつつある「拡散希望」。このような「拡散」という言葉の用法は、最新版のWikipediaの項目で説明されるほどに浸透しています。 インターネット上における拡散 物理的現象の拡散とは異なるが、インターネット上で情報が広がるこ…

「良い本」には必ず間違ったことが書かれている

「良い本」とは、どのような本なのでしょうか。読んでいて面白い本? 真実が書かれている本? この問題に関する、興味深い試行錯誤を見かけたので引用してみます。 ここで指し示す文章とは、まともな本に書かれている文章のことだ。いわゆる「悪書」は相手に…

読者が引き込まれる文章に必要なもの:なぜ世界史の教科書は退屈で、マクニールの『世界史』は面白いのか

「問いを立て、それに答えるように文章を書いてゆくと、よい文章になる」。これは、作文や感想文を卒業して、情報をきちんと伝える文章を書くために、最も重要なことの一つです。しかし、じつはこれだけ知っていてもあまり意味がありません。そこから一歩進…

アイドルと運動部

峯岸みなみさんの件、見てて辛いので動画は貼りませんが、AKBで起こっていることは桜宮高校や柔道日本代表での体罰・パワハラと同じなのではないか、というブコメでいっぱい指摘されている点は、的を射ているように思えます。もし全て計算ずくで峯岸さんが仕…

Googleに友達を奪われないために:平田オリザ『演劇入門』がくれる勇気

下の記事を読んで考えたことについて書きます。 ググレカスが僕から奪ってしまったもの - ウサギは走り、カラスは空を飛ぶ この記事には、人に質問を前に検索することが可能になり、質問をする機会が奪われてしまった、これによって、人との交流の機会それ自…

学会での「発表させていただきます」は誤用、ではない

学会で、発表者が発表のはじめに「発表させていただきます」と言うのが我慢ならない、という論について。こういう論調は何度か耳にしたことがあるのですが、私はこの表現は問題ないのではないかと思います。 今回書こうと思った直接のきっかけは、こちらのツ…

「これってトリビアになりませんか?」の誤用が気になる

昨今よく目にする「これって、トリビアになりませんか?」というフレーズ。長いので、以下「これトリ」と略そう。この「これトリ」がもともとはテレビ番組『トリビアの泉』のワンコーナー、「トリビアの種」における決まり文句から来ているということは、改…

実名報道とメディアの権力性

きのう書いた実名報度についての記事に、鋭いコメントをいただきました。 RAs 2013/01/25 06:36 はじめまして。 実名を公表する事に公益性・公共性があるから公表(報道)するのだとした場合、そこには当事者や遺族の意向とは無関係にそれを行うことになりま…

教員駆け込み退職問題の悲劇性

今回は、教員の駆け込み退職問題について。この問題に関して、国論が二分されています。これほどの議論になるのは、この問題が、人間にとって普遍的な悲劇の構造を備えているからであるように思います。それは、ソフォクレスが『アンティゴネー』で描いた、…

論点整理:実名報道

実名報道の是非についての議論が白熱の様相を呈しておりますが、炎上案件の例に漏れず、議論の中心がはっきりしないままに論点が拡散しそうな感じになって参りましたね。というわけで、個人的なメモも兼ねつつ、ちょっと論点を整理してみたいなと思います。 …

ゲームにおける「努力は報われる」の特異性についての補足

前回の記事に対して、id:Sigmaさんに論点の補足に役立ちそうなブコメを頂いたので反応。 Sigma 「じゃんけんのようなゲームに単純なプロセスは存在している」 というのを示すのに、今回の論は必要なのだろうか? 弾が的に当たるか完全にランダムなSTGでもな…

ドラクエと高橋みなみ、あるいは北九州予備校:ゲームにおける「プロセス」とは何か(2)

ドラクエとかけて高橋みなみと解きます。その心は? 答えは、「努力は実る」。この、北九州予備校の生徒をを洗脳し続けてきた言葉が、RPGにおけるプロセスの特殊さを理解するためのキーワードです。 というわけで、今回は前回の記事(シューティングとじゃん…

シューティングとじゃんけんの共通点:ゲームにおける「プロセス」とは何か

いつか書こう書こうと思っていたネタなのですが。きっかけになったのは、しんざきさんが昔書いてたこちらの記事。私がソーシャルゲームをつまらないと思う理由・あるいはゲームから「プロセス」が剥ぎ取られていく、という話ここでは、ゲームにおいて最も重…

プリキュアと性犯罪に相関関係があるからなんなの?

タイトルは目立つように挑発的にしてみました、こんばんは〔9/7 2:45 タイトルに「プリキュアと性犯罪に」を追加。公開後にいじる癖あってすみません〕。筋が通ってそうで通らない、噛み合いそうで咬み合わない議論を見ていたら、「整理したい欲」が湧いてう…

「togetter: 哲学vs物理学:哲学ってただの「考え事」じゃないの?物理学者からみた哲学」について

以下のまとめを読んで考えたことを、最近の自分自身の勉強のまとめも兼ねて、記事にしてみます。哲学vs物理学:哲学ってただの「考え事」じゃないの?物理学者からみた哲学 - Togetter

第2章 電子書籍の入手と管理

いつでも、どこでも、Kindleストアでショッピング(略) Kindle ライブラリの管理 Kindleには大量の電子書籍やローカル文書、新聞、ブログ、雑誌を保存できます。このガイドでは、それらを「コンテンツ」と呼びます。コンテンツのリストを表示するには、ホー…

第1章 使ってみよう

キンドルでは、いくつかのボタンの操作で、本や雑誌、新聞をダウンロードして読むことができます。 本体側面には、次ページボタン(>)と前ページボタン(<)があります。いずれのボタンも、両サイドのそれぞれにありますので、左右どちらの手でKindleを持…

第4世代Kindle User’s Guideを訳してみる(1〜2章)

Kindle買ったのですが1週間目にして調子が悪くなり気味。 検索したけどガイドの邦訳が見つからないので、 自分が参照する用も兼ねて、第1章と第2章の訳をつくってみました。 どこかにすでにあったら教えてください。 以下、本文。

暗黒演奏会へのメッセージ

本当は少しだけ不安だった。ステージのあっちとこっちだし、みんなが雲の上の人に見えちゃうんじゃないかって。でも、ぜんぜんそんなことなかった。会場のあの一体感。ステージの上のみんなは、見てる僕たちを一緒に雲の上に連れて行ってくれた。 「お疲れさ…

オルセー美術館展に行ってきました

そんなに美術に造詣が深いわけでもない自分としては、こういう「○○美術館展」って難しい。いろんなジャンルのものがばばばばって示されて、なんとなく消化不良になってしまう。 このオルセー美術館展は、いきなりドガが迎えてくれて、少なくとも時代的には、…

口蹄疫関連の伝言ゲームがひどすぎる

今回の口蹄疫問題について強い関心を持ち、大変心配しています。 できるだけ正確かつ客観的な情報が欲しいと考え、全てとは言えませんがネット上の情報を細々と集めてみたりしています。 しかし残念ながら、間違った情報や、主観的な感想が多すぎる。 そして…

文化への態度

今回の事業仕分けで、「基礎科学研究」に関わる予算が大幅に削減される。このことで、広範な議論が巻き起こっている。人文系の学問に携わる私にとって今回の「仕分け」は、ただただ悲しいものであった。 それはこの事件が、わかっていながら目をそらしてきた…

dergeistと申します

twitterの@GeistPをやっております。