長椅子と本棚2

ダイアリーから移行しました。

GARNET CROWの作品世界における「春」のイメージ

今日は、GARNET CROWとの思い出に捧げる文章その2、をお送りします(ちなみにその1はこちら→)。今日のテーマは春。実は、Twitterで書いてみたいなーとか言ってたら背中を押していただいたテーマです。 さて、春の歌といえば、どのようなものが思い浮かぶ…

JINSでメガネを買って初めてわかった「JINSバレ」という問題

「JINSバレ」という問題 以前使っていたメガネが壊れてしまい、はじめてJINSでメガネを買った。品質、対応、価格、全てに満足している。とくに品質や対応に関して二の足を踏む必要は全くないと感じた。しかしながら、次に買い換えるときも絶対に利用しよう、…

なぜGARNET CROWの解散コメントは「全てを出し切りました」だったのか?

ここのブログには書いたことなかったと思うのですが、私はGARNET CROWの10年来のファンです。初めてコナンの主題歌として聞いた時にはなんとも思っていなかったのが、家族がレンタルしてきた1stアルバムの歌詞カードを読んで一気に惹かれ、思春期にはアルバ…

Hagexさんの返答エントリが素晴らしい

Facebookの「感動のバス話」の何が問題なのか? - 長椅子と本棚 先日書いた上の記事に、Hagexさんが返答の記事を書いてくださいました。Hagexさんありがとうございます。 日記で2ちゃんねるを取り上げる理由と情報クオリティロンダリング - Hagex-day info …

無断転載されていた件の経過報告

経過報告 本ブログから全文無断転載してるサイトを調べていたら、いろんなサイトがRSS経由で転載されていた - 長椅子と本棚 上の記事で、RSSを経由で全文が無断転載されていたと書きましたが、現在では対象サイトは凍結されているようです。私からはアクショ…

本ブログから全文無断転載してるサイトを調べていたら、いろんなサイトがRSS経由で転載されていた

先日、いつものようにエゴサーチしていたところ、私が書いた記事が、知らないサイトに掲載されているのを発見しました。しかも、「投稿者:dergeist」なんて書いてあるし。 dergeist | 神サイトまとめ (魚拓:http://megalodon.jp/2013-0324-0023-40/blju2.…

Facebookの「感動のバス話」の何が問題なのか?

今日は以下の記事について書く。 Facebookで大人気の「感動のバス話」は2ちゃんねるのパクリ改竄されたもの - Hagex-day info 2ちゃんねるから盗用してFacebookに「イイ話」として投稿することや、それをシェアすることは、褒められたことではないと私も思…

ブログは論破されることに意味がある

今日は私がブログを書く理由について書きます。それは、論破されるためです。言い換えると、自分の見識がいかに狭量で間違っているかを知るためです。 このブログの記事は、見て頂ければわかるのですが、おそらくはいかにもドヤ顔感いっぱいの上から目線な雰…

パズドラは「15パズル」の末裔

先月末にパズドラ始めてみまして、既に飽きつつあるのですが、思ったことがあったので書いてみます。パズドラのパズル部分を「マッチ3」として分類するのは、間違いとは言えないけれど本質を捉えていないのではないか、ということについて。 マッチ3として…

東大の推薦入試導入が大したニュースではない2つの理由

東大が推薦入試を導入するらしい。数日前の噂の段階でJ-CASTがものすごい煽り記事(東大の推薦入試導入は「天下の愚策」とOB激怒 「東大生の品質保証は点数」「ガチンコ勝負がプライド」 (1/2) : J-CASTニュース)を載せるなど、話題をさらっている。しかし…

はてブ新デザインをどうすれば使いこなせるか考えてみた

はてブの新デザインがものすごい不況を買っている。しかし、変わってしまったものは仕方ないので、どうすれば快適に使いこなすことができるか、頑張って考えてみた。 ところで、新デザインについて、はてな側からは、「今どういうことが起きているか、“面”と…

「論文に死んでも書いてはいけない言葉30」の出典とされる『読書猿』の記事がそれ自体パクリである件

お正月、「論文に死んでも書いてはいけない言葉30」というのがTwitterの卒論執筆勢の間で出回っていた。「すごく→非常に」から始まって「合格させてください→解明できた点は必ずしも多くはないが、若干なりとも寄与できたと思われる。」で終わるという、それ…

「WEBにおける文章術=コピーライティング」という嘘

今日は、「バズ部」の「たった1記事で8万人に読まれる文章を書けるようになるライティング術」という記事に含まれる嘘、ないし誤りについて書く(意図的のようにも思われるので、あとその方がタイトルがかっこいいので、このような書き方をしてみた)。その…

実名報道の公益性とマスコミの権力

実名報道に関する記事にたくさん反響を頂いたので、いくつかの論点に分けて、批判に応えてゆこうと思う。 はじめに断っておくが、頂いた批判を見る限り、前回の記事での私の主張の核心部分については、強力な批判は見いだせなかった。その核心部分とは、「遺…

なぜスキャンダルを起こしたAKBメンバーが書くブログのタイトルは「皆さんへ」なのか?

なぜ「皆さんへ」だけで悪い知らせとわかるのか? 昨年の、指原莉乃、増田有華両名のスキャンダルへの謝罪記事は、いずれも全く同じタイトルを持っている。 みなさんへ|指原莉乃オフィシャルブログ「指原クオリティー」by Ameba みなさんへ|増田有華オフィ…

「遺族に実名公表を拒否する権利はない」というマスコミの主張は正しい

タイトルの真意は、「遺族に実名公表を拒否する権利があるか否か」という問題と、「報道機関は情報を集めるためにどんな手段に訴えてもよいのか」という問題とは全く別の問題だ、ということである。この二つを区別しないと、おかしなことになる。 何も私は一…

なぜ「けいおん!」は女の子の理想なのか、あるいは「引き算」であることのリアル

以下の記事の「女の子になりたい」の部分にある程度共感しつつ。 オタクの女の子になりたい願望は性別を超える - 狐の王国 「性別を超える」かどうかという話はジェンダーとか難しい話になるのでとりあえず措いておくことにして、着目したいのは指摘である。…

「遠隔操作ウイルス事件真犯人の書き込み」を文体診断にかけてみた

今回の書き込みと、お正月に真犯人から送られてきたメールの両方を文体診断に書けて比較してみました。まず、今回の書き込み。(参照元:【遠隔操作ウイルス事件】真犯人を名乗る人物が新たな書き込み「逮捕された彼は真犯人ではない」「誤認逮捕5人も狙い通…

一つ前の『けいおん!』の記事が完全に間違っている件

さっきの記事、「『けいおん!』は実際の女の子からの引き算で作られている」から「『けいおん!』は女の子の理想である」を導こうとしているけど、こりゃ無理ですね。ブコメにちょっと書いたけど。 少なくとも、「なぜ『けいおん!』は男性が女性に押し付け…

千早のこと

以下の記事は、無印アイマスにおける千早を念頭において書かれていることを初めにお断りしておく*1。如月千早はなぜアイドルをやっているのか? それは、歌を歌うためである。こう答えられれば、765プロのプロデューサーとしてはさしあたり合格かもしれない…

肉じゃが的「つるぺた」と、カツカレー的「つるぺた」

前回の記事にいただいたコメントを眺めていて気づいたことだが、「つるぺた」というは現在、3つの意味で用いられている、と言えるように思う*1。 第一に、第二次性徴発言前の幼い少女の体型を指す、というもの。第二に、「貧乳」のことを指して「つるぺた」…

「つるぺた」の誤用はどこから一般化したか

誤用の象徴としての『琴浦さん』と千早 まずはこちらをご覧頂きたい。あとこれも。 さて、改めて指摘するまでもないことだが、「つるぺた」の原義を厳密に取れば、琴浦春香も如月千早も「つるぺた」ではない。Wikipediaもニコニコ大百科もこれを支持している…

まとめサイトの手法は、テレビのワイドショーと全く同じ

「インターネットがあればテレビはいらない」という意見を耳にするようになって、もう10年ほどは経つのではないだろうか。まだまだテレビは力を失っていないが、少なくともある程度のパイをインターネットに奪われていることは確実だろう。それでは、この変…

「魔女狩り」と自白強要:日本人にパプアニューギニアを嘲笑する資格はない

以前、パプアニューギニアの魔女狩りのニュースについて述べた(パプアニューギニアの魔女狩りと、ヨーロッパの魔女狩りの根本的な違い - 長椅子と本棚)。そこでは、パプアニューギニアの魔女狩りでは魔女が殺人罪のゆえに刑事犯として処刑されているのに対…

学会発表で恩恵を受けるのは誰?

以前書いた「学会での「発表させていただきます」は誤用、ではない」という記事に、id:saebouさんから頂いたコメントが気になったのでリプライします。 えっ…学術共同体って互酬に基づく贈与経済でやってるから、知識を与える人、つまり発表者が恩恵を施す側…

パプアニューギニアの魔女狩りと、ヨーロッパの魔女狩りの根本的な違い

先日、森島恒雄の名著『魔女狩り』(岩波新書)を読んだ。魔女狩り (岩波新書)作者: 森島恒雄出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1970/06/20メディア: 新書購入: 6人 クリック: 45回この商品を含むブログ (26件) を見る ところで、偶然この週末、パプアニュー…

人類はそろそろテレビがニュースに向いてないことに気づくべき

ここ10年来、夕方のニュースを中心に、ニュース番組のバラエティ化がとくに著しい(あれがバラエティだということに気づいてない人は、考えを改めた方が良い)。しかしこの変化は、テレビの堕落などではなく、テレビという媒体の特性を反映した変化だと思う…

Tumblrにおける「拡散」とTwitterにおける「拡散」の違い

前の記事(「拡散希望」はいつ頃から使われているのか? - 長椅子と本棚)で、「拡散する」は本来自動詞なのにTwitterなどでは他動詞として使われている、という話を書きましたが。この「拡散する」という言葉に着目すると、TumblrにおけるリブログとTwitter…

「拡散希望」はいつ頃から使われているのか?

今やTwitterの悪しき伝統となりつつある「拡散希望」。このような「拡散」という言葉の用法は、最新版のWikipediaの項目で説明されるほどに浸透しています。 インターネット上における拡散 物理的現象の拡散とは異なるが、インターネット上で情報が広がるこ…

「良い本」には必ず間違ったことが書かれている

「良い本」とは、どのような本なのでしょうか。読んでいて面白い本? 真実が書かれている本? この問題に関する、興味深い試行錯誤を見かけたので引用してみます。 ここで指し示す文章とは、まともな本に書かれている文章のことだ。いわゆる「悪書」は相手に…