読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長椅子と本棚2

ダイアリーから移行しました。

第2章 電子書籍の入手と管理

いつでも、どこでも、Kindleストアでショッピング(略)

Kindle ライブラリの管理

 Kindleには大量の電子書籍やローカル文書、新聞、ブログ、雑誌を保存できます。このガイドでは、それらを「コンテンツ」と呼びます。コンテンツのリストを表示するには、ホームボタンを押してください。ホーム画面でメニューボタンを押すと、データ保存が可能な残り容量が表示されます。
 初期設定では、コンテンツは最新のものが最初にくるように並んでいます。つまり、新たに追加されたアイテムと、現在読んでいるコンテンツが一番上に表示されます。この順番を変更するには、ソートのオプションのところに下線がくるまで5方向コントローラの上矢印を押し、それからコントローラの右矢印を押して、ソートのオプションを表示させてください。ホーム画面がタイトルあるいは著者名のアルファベット順にソートされている場合には、文字のキーと決定ボタンを押すことで、その文字で始まる最初の項目に移動できます。
 AmazonのManage Your Kindleのページでは、ブラウザから、Kindleコンテンツや設定、そしてアカウント情報の確認と管理ができます。より詳しくは、www.kindle.com/supportを参照してください。

collectionの作成

 コンテンツを探しやすくするために、コンテンツをグループ化する機能がcollectionです。ホーム画面でメニューボタンを押すことで、新しいcollectionを作成できます。「Create New Collection」を選択して、スクリーンキーボードでcollectionの名前を入力してください。コレクションに登録できるコンテンツの数に制限はありません。また、一つのコンテンツを複数のcollectionに入れることもできます。

コンテンツの削除

 Kindleからアイテムを削除するには、ホーム画面でそのタイトルに下線を合わせ、5方向コントローラの左矢印を押してください。警告画面が出たら、決定ボタンで削除を確定させてください。
 すべての書籍と、新聞・雑誌の最新記事、ローカルファイルはAmazonのサーバーで保管されます。削除したコンテンツを復活させるには、ホーム画面から「Archived Items」を選んで、Kindleに戻したいコンテンツを選んでください。以前に購入したコンテンツを、新たなKindleデバイスにダウンロードするときにも、この方法で行います。
 Amazonでは、定期刊行物のバックナンバーは保管しません。これをバックアップしたいときには、手動で行なってください。詳しくは、「Kindleをコンピュータで使う」の項目を参照してください。


とりあえずここまでです。「はじめに」と、広告のところ、買い物のところは、日本での需要が少なそうなので省略しました。